2004年11月15日

アドワーズ広告、不正クリックへの対応

Googleアドワーズ広告の不正クリックへの対応について。

■質問
アドワーズ広告の利用を検討しているのですが、不正クリックなるものがあると聞きました。不正クリックは自分で発見しないと不正でも課金されてしまうのですか?

■回答

アドワーズ広告の「クリックの品質管理」でGoogleは不正クリックを排除するための様々な対策を行っていると説明しています。

米国のフォーラムCre8asiteでは、広告主自身が特にGoogleに何も報告していないのに、米Googleから電子メールにて広告料金を返金する旨のメールが届いた事例が紹介されています。この事例では、通常3~6%のクリック率だった広告がある時点で12%にまで上昇していたそうです。

I have no idea what Google detected, could be they recently spotted something or it could be something from months ago. Email i received from Google simply said they had detected fraudulent clicks and were refunding some money. (Paul_H, AdWord Refund, cre8asite forums)


ということで、広告主自身が何もしなくてもGoogle側が自動的に不正クリックを排除してくれることもあります。

しかしGoogleが全ての不正クリックを完璧に把握できるわけではありませんし、広告主も定期的にログをチェックして不正なクリックがないかどうか把握しておいた方がいいでしょう。不審なものがあれば念のため報告することです。米国には不正クリックを専門に監視するだけの会社もあるほどです。自分飲みは自分で守ることを心がけましょう。

ref.
Google アドワーズ広告 よくある質問: クリックの品質管理
https://adwords.google.com/select/faq/clickquality.html


2004年11月15日 02:21 | [ アドワーズ広告 ] | トラックバック


『アドワーズ広告、不正クリックへの対応』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化