2004年03月19日

アドワーズ広告のキーワードが"無効"になった

アドワーズ広告は最小クリック率を達成していないキーワードは「無効」となり広告が表示されなくなります。

■質問
Googleアドワーズ広告を利用しています。アドワーズの管理画面でいくつかのキーワードが無効と表示されているのですが、これはどんな意味ですか?

■回答

Googleアドワーズ広告には最小クリック率(最小CTR)が設けられており、広告のインプレッション数1,000回に対して最小CTRを上回らなかった場合、キーワードが無効となり関連広告は表示されなくなります。

Googleはアドワーズ広告運用において広告主に最小CTRを上回る広告を掲載するようにルールを課しています。理由は、CTRが低い広告とは、設定したキーワードにて検索された時にその広告が表示されていても、検索したユーザーはその広告をクリックしていないことを示しています。つまり、その登録したキーワードと表示する広告の組み合わせは、関連性が低いものでユーザーの興味の対象外であること表しているのです。Google はあくまで検索結果にはユーザーが探し求めている関連性の高い情報を表示したいという方針ですから、ユーザーにクリックされない(=情報の関連性が低い)広告は表示させたくないわけです。

さて、キーワードが無効になった場合は次の対策をとることができます。

「無効キーワードをそのままにする」・・・キーワードのパフォーマンスが悪いことが明らかになったのですから、そのキーワードは利用しない、ということです。

「他の広告グループに追加する」・・・当該キーワードに対して別の内容の広告を表示させたらクリック率が上昇する可能性があると判断される場合はこの対策をとります。

「キーワードマッチの設定を変更する」・・・キーワードマッチの設定を完全一致やフレーズ一致、除外キーワードを加えるなどの変更をします。よりターゲットを絞り込むことでパフォーマンスが向上する可能性があると判断される場合はこの対策をとります。

「キーワードを変更する」・・・キーワードにフレーズを追加します。よりターゲットを絞り込むことでパフォーマンスが向上する可能性があると判断される場合はこの対策をとります。


ref.

アカウントの掲載結果 :

アカウントの評価は、Google での広告のインプレッションが 1,000 回に達するたびに行われます。アカウントの CTR が必要な最小 CTR を下回った場合、あまり成果を上げていないキーワードに対する広告の掲載は制限されます。最小 CTR は広告の掲載順位によって異なります。最上位に掲載されるのに必要な最小 CTR は 0.5% で、それ以降は順に少しづつ低くなります(各キーワードのステータスはキーワード レポートに明示されます)。 (Google アドワーズ広告:よくある質問


2004年03月19日 15:00 | [ アドワーズ広告 ] | トラックバック


『アドワーズ広告のキーワードが"無効"になった』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化