2004年06月14日

同じYSTでも検索結果が異なるのはなぜですか?

YSTはウェブポータル毎にコンフィギュレーションがされているため、検索結果が異なって表示されます。YSTの前身であるInktomiの特徴をそのまま引き継いでいます。

■質問
YSTは米YST、Yahoo!JAPANの採用するYST、オーバーチュアのYST、Fresheye、MSNでそれぞれ検索結果が異なるのですが、これはなぜですか?YSTでもバージョンとかあるのでしょうか?

■回答
Yahoo!はYSTを採用する各ポータル/検索サイトに提供していますが、コンフィギュレーションを変更して検索結果の表示方法を変更していることがあります。従って同じYST/Inktomiを利用していても検索エンジンやポータルにより表示する情報は異なります。

また、YSTの前身であるInktomiと同様、マスターインデックス(YSTの全インデックス)から地域や言語に応じてデータベースを切り出して運用することがあります。従って同じYSTでも英国版、米国版、日本語版により検索対象となるインデックスの範囲が異なる場合があります。このような仕様上の理由により、同じキーワードで検索しても米Yahoo! のYSTとYahoo!JAPAN のYST は異なる検索結果を返します。

ref.

INKTOMI INDEX CONNECT GEOTARGETING

WEB SEARCH 9

WEB PORTAL SOLUTIONS

WEB SEARCH


2004年06月14日 01:11 | [ Yahoo!検索 ] | トラックバック


『同じYSTでも検索結果が異なるのはなぜですか?』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化