2004年04月11日

米Yahoo! Search からペナルティを受けた場合の対処

米Yahoo! Search から検索エンジンスパムによりインデックスから削除された場合はメールで連絡するとよいでしょう。

■質問
英語のホームページを運営しています。先日、ちょっとした(たぶん検索エンジンスパム)ことが原因だと思うのですが米Yahoo! Search のインデックスから削除されました。PFI を利用しているのに出てこないのでスパム扱いされたと思うのですが、復活させたいです。どうしたらいいでしょうか?

■回答

米Yahoo! Search のお話です。
Yahoo! の ペイドインクルージョン(PFI) "Site Match" を利用しているのに1週間待ってもインデックスに復活しないのであれば、また質問者自身にスパムをした覚えがあるのであれば、きっとそれは検索エンジンスパムとしてペナルティーを与えられたのでしょう。

Yahoo! Search のインデックスに再度掲載するためには、まずあなたのWebサイトから検索エンジンスパムに該当する部分を完全に削除して下さい。その上で、feedback@yahoo.com 宛に検索エンジンスパムに該当する部分を削除したことともう1度掲載したい旨を伝えて下さい。文章は英語で記述する必要があります。


What can you do? If you're banned and you've cleaned up your act you can submit your page to the paid inclusion program for review in April or send an email to feedback@yahoo.com and include what method got you in trouble and how you've corrected yourself. (Coming Soon to a Yahoo! Near You - PubConf Day 2 / WebProWorld)


2004年04月11日 19:52 | [ Yahoo!検索 ] | トラックバック


『米Yahoo! Search からペナルティを受けた場合の対処』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化