2005年02月16日

リンクレピュテーションの効果

Webページ上に記載のないキーワードでなぜ上位表示されているのか、という質問がはてなに掲載されていました。

SEOを調べていてちょっと気になった事があるのですが、もし分かる方がいれば教えてください。リホーム屋さんで、ホームプロというサイトがあるのですが、同業にホームクリップというサイトがあるのです。googleに「ホームプロ」で検索すると、ホームクリップがかなり上の方に表示されるのですが、文中にはホームプロという文字列がありませんでした。これはどういう理屈でそうなっているのか、判る方がいれば教えてください。 ホームクリップ: http://www.homeclip.co.jp/

ホームプロ:
http://www.homepro.co.jp/

はてな

検索エンジンはキーワードと適合するページを見つけるのに、各々のページに記載されている情報のみならず、そのページに対して張られているリンクも分析しています。今回はそのリンク分析の中でもリンクレピュテーションの要素が影響しています。

リンクレピュテーションとは、アンカーテキストの文字列とリンク先ページを関連づけるアルゴリズムです。例えばGoogleで「18歳未満」と検索するとYahoo!ジャパン ( http://www.yahoo.co.jp/ ) が表示されます。これはアダルトサイトの多くが、18歳以上の入り口と18歳未満の出口を用意しており、後者はYahoo!ジャパンにリンクされていることが多いからです。米Google ( www.google.com ) で exit と検索した時に2位にディズニーオンラインのサイトが表示されるのも同様に海外のアダルトサイトの多くが18歳や21歳未満のリンク先にディズニーを設定していることによります。

今回はてなで掲載されているホームクリップは、バックリンク分析をするとYahoo!不動産内の多くのページからalt属性に「ホームクリップ」を含む画像リンクが張られていることがわかります。この「ホームクリップ」という文字列と、リンク先である homeclip.co.jp がリンクレピュテーションにより結びつけられたことで、「ホームクリップ」と検索した時に当該サイトが上位に表示されたわけです。

cf.
リンクレピュテーションとは


2005年02月16日 19:31 | [ リンク対策 ] | トラックバック


『リンクレピュテーションの効果』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化