2005年01月24日

言語が異なるページからのリンク評価について

言語が異なるページからリンクを受けることで、PageRankは上がるかどうか?という質問がウェブマスターはてなにありました。

質問を引用すると、

日本語のサイトに、英語、韓国語、中国語を翻訳したページを増設したとします。全ての言語をそれぞれyaoo.comやkr.yahoo.comなどに登録したとすると、ページランクは上がりますか?また、SEO的に日本語のサイトに影響はありますか?(ウェブマスターはてな

ということですが、理論上は外部のページからリンクを受けることにより、PageRankのポイントは上昇しますが、どの程度上昇するかはリンクを張る際の条件に依存します。

なお、PageRankが上がる=検索順位が上がるということではないので注意。このケースの場合、質問者はきっと「狙っているキーワードで検索順位が上がるに十分なほどのPageRankが得られるか?」ということを聞きたかったのでしょうが、それは???です。

長期的な外部リンク対策を考えた時、「トピックの関連性があるリンクを獲得する」ことが望ましいのですが、異言語ページ間のリンクではそれが確保できないことも問題ですね。


2005年01月24日 01:37


『言語が異なるページからのリンク評価について』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化