2004年09月03日

スパムサイトへのリンクは禁物

悪質な検索エンジンスパムを行っているWebページにリンクを張る行為は、時として不利益を被ることがあります。

■質問
ひどいスパムを行っているサイトにリンクを張ると自分のサイトも検索エンジンスパムによるペナルティを受けるという話を聞いたことがあるのですが、本当ですか?

■回答

米Googleの従業員であるGoogleGuyによると、リンクを張る際には相手先サイトのHTMLソースを調査してスパムを行っていないかどうかを事前に確認すべきだとのことです。つまりバッドネイバーフッド(悪しき隣人)に対してリンクを張った場合、その(リンクを張った)サイトもペナルティが科される場合があります。これは「あなたが誰からリンクを張られるかをコントロールできないが、あなたが誰に対してリンクを張るかはコントロールすることが出来る」ことに起因します。検索の品質を落とすようなスパムサイトに対してリンクを張らないように、注意しなければいけません。

The following response that counseled patience was the right one--don't be disturbed if it takes a little while for Googlebot to find a site when it's first launched, although it's better/faster than in the past. In some cases it can be a penalty. For example, BeeDeeDubbleU, if you think the 9-10 sites you were linking to were innocent, I'll sticky you the 1400 words of keyword stuffed text from the front page of one of the sites in question. It's your responsibility to check out a site at least mildly before you associate with them. It took me only a minute to look at the cached copy of one of the root pages, and it's right there plain as day. The thread that someone else pointed out had 24 posts, and 1/3 of those were BallochBD, who hasn't put a url in his profile. [GoogleGuy / WebmasterWorld / Google feature in UK daily paper]

2004年09月03日 23:55 | [ リンク対策 ] | トラックバック


『スパムサイトへのリンクは禁物』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化