2004年02月28日

SEOスペシャリストと英語

SEOスペシャリストになるのに英語能力は必須、というわけではありません。しかし、英語が読める人と読めない人の差は非常に大きいと思います。

■質問

私は現在Webデザイナーの勉強をしていますが、検索エンジンにも興味があります。でも私は英語が苦手です。Webを見ていると英語で書かれた情報がたくさんあるのですが、やはり英語わからないと SEO のプロになるのは難しいでしょうか。

(質問者:匿名)

■回答

SEO を専門にするスペシャリストになるのに、英語能力は必要かどうか、という質問ですが・・・。

私見ですが、一通りのことをそつなくこなすSEOスペシャリストになるのであれば、英語が全然わからなくても問題ないと思います。でも、高い能力を有するためには英語力、とりわけ「読む力」は必須ではないでしょうか。

例えば、2003年11月 ~ 2004年1月の Google ショックの中で Google に新アルゴリズムが搭載されましたが、これに関する情報収集を行うと仮定しましょう。日本語サイトでこの話題、『Google の新アルゴリズムに関連する情報』を取り扱っており、かつ精度の高い情報を提供していたところがあるかというと実は全くないのです。取り扱っていても情報が全然間違っている、あるいは実用的ではありませんでした。

ここ数ヶ月の間に私が講師を務めたセミナーでは、一応この「Google新アルゴリズム」について触れましたが、それを聞いた方々はきっと、日本語サイトでそのような(私の話したこと)は見たことがないはずです。このように、英語がわからない=日本語サイトから最新の情報を探し出すことは現状ほぼ不可能です。

しかし英語が読めれば世界中のSEOに関心がある人が集まっている Webmasterworld などの情報掲示板にアクセスできます。この言語による情報格差は SEO では特にクリティカルなので、その意味では必須だと思います。


2004年02月28日 21:36 | [ SEOスペシャリスト ] | トラックバック


『SEOスペシャリストと英語』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化