英Interlandが毎年発表するブランドランキングのリンク集。



In the world of online hotel bookings, TravelCLICK reports actual brand Web sites are where the majority of online reservations occur. (eMarketer)



米Viewpointは27日、同社のグラフィカル検索ツールバー Viewpoint Toolbar(ビューポイントツールバー)の最新版、v2.5 のベータ版を31日にリリースすることを明らかにした。Viewpoint Toolbarはツールバー上にサムネイル画像つきの検索結果を表示するという特色ある機能を搭載したことで注目を集めたツールバー。今回の最新版では、パフォーマンスの向上などの改良が施されている。



米ClickTracksがミッドレンジのWeb分析ツール『ClickTracks Optimizer』をリリースした。サーチマーケッターやコンサルタントによる利用を想定している。Robot Report機能が搭載されており、Googlebot や Yahoo! Slurp 等、クローラの訪問時間や訪問回数といったアクセス状況をレポートで出力することができる。



Clicklabが販売するWeb分析ツール"Clicklab v2.0"には、オンライン広告のパフォーマンスを高めるための分析機能に加えて、ペイパークリック広告で問題となっているクリック詐欺を検出できる機能を搭載している。各々の訪問者のセッション状況を監視し、一定の条件を満たした場合にクリック詐欺と判定する。企業はClicklabsのレポート画面からどのキーワードのトラフィックのクオリティが低下しているかを判断することができるという。



Canada ranks high in Internet usage and broadband adoption rates. What's more, it's a leader in Internet services such as online banking - a higher percentage of Canadians than Americans bank online. Surprisingly, though, Canada's enthusiasm for the Internet has not translated into e-commerce leadership. The question is, why? (eMarketer)



Brand advertising has been the classic province of CPG marketers for years. Suddenly, online brand advertising is growing, projected to increase by 22.4% in 2005, compared to a 19.8% boost for direct response advertising. In each of the three years following, spending growth for branding will match or outstrip direct response growth. What has changed? (eMarketer)



Japan's economy is back, actually growing faster than the US in the first half of 2004. Traditionally, the country has not fully opened its arms to foreign companies. But to ensure the long-term health of the economy, the Japanese government has launched e-Japan Strategy II, a plan for creating a vibrant and world-class e-commerce environment, presenting opportunities for US and other foreign companies. (eMarketer)



Online advertising is accounting for an increasing share of traditional retailers' advertising budgets. Paid search and e-mail marketing are showing strong growth, and spending on rich media advertising is rising as retailers begin to view the Internet as an essential component of brand advertising. (eMarketer)



Even though Internet advertising advocates have long labeled it the most accountable of all ad media, that claim used to be more hype than truth. However, methods and technologies now in place are making the measurement of online ad effectiveness an everyday reality, available to any marketer. Are you using them to increase your ad efficiencies? (eMarketer)



Online shopping is becoming a mainstream activity in the US. Early adopters were highly educated, affluent white males - the "techies." Today, African Americans, Hispanics, women, teens and senior citizens from all walks of life turn to the Internet to do their shopping. The "e" truly stands for "everybody." (eMarketer)



In the early days of Internet development, thousands of sites competed to be portals. Now the cyberdust has settled and a handful of portal sites dominate the Web, lead by AOL, MSN and Yahoo!. Nearly every US Internet user has some relationship with at least one them. How does that affect your business online? (eMarketer)



9199.jpはJWordの検索サービス用のブランドです。



「はてな」のURLが検索エンジンに見つけてもらいやすいのは何故?という質問がはてなにありました。



検索エンジン対策に特化したツールを持つ会社があるかという質問がはてなにありました。



Combining the comprehensiveness of the yellow pages and the targeting accuracy of direct mail, paid search rocketed to prominence over the past year. But paid search is only one of three important elements of search engine marketing (SEM). Find out how to use them all.

Attention: Enterprises, SMEs, Search Engine Sites, Web Publishers and Online Retailers.



SEOにおいて、基本中の基本事項はどんな対策か、という質問がはてなにありました。



当サイトの「SEOツール」カテゴリでは、世界中のSEM/SEO関連ツールを紹介しています。随時更新していますのでご覧下さい。



NTTレゾナント株式会社は25日、インターネットポータルサイト「goo」(グー) において「gooキーワードランキング」の提供を開始した。



ArticleBotは、Webコンテンツ自動生成ソフト。ある1つのコンテンツから、数千もの重複しないコンテンツページを作成してくれる。Webサイトのページ数を増やしたいけれどもコンテンツを作るのは大変、という人向け。ただしロボットが人間のように創造的なコンテンツを作れるわけではありませんので・・。



Traffic Equalizerは、検索にヒットさせたいキーワードと、その他必要な項目を入力するとTraffic Equalizerが自動的にSEOされたページを生成してくれる。



株式会社ペンシル主催のSEMセミナー『検索エンジンマーケティングが変える!企業のWebマーケティング戦略セミナー in 福岡』にてスピーカーを努めます。今回は、SEMにおけるランディングページの重要性について事例を交えつつお話しします。また、株式会社ペンシル代表取締役の覚田義明氏とのSEM談議もあります。



株式会社アイレップ・サーチエンジンマーケティング総合研究所(SEM総合研究所)主催のSEMセミナー『SEMインテグレーション~トータルでSEMを考える統合型SEMとは』(2005年2月16日開催)にてスピーカーを務めます。今回は、検索エンジン業界の最新事情と、今後のSEOの展望についてお話をします。



任意のURLがYahoo!ジャパンのディレクトリに登録されているかどうかを確認する方法について。



ペイパーコール広告(Pay Per Call、コール課金型広告)提供会社のリンク集です。



GoogleアドセンスはWebページに広告を掲載しますが、その掲載されたページから広告主のWebページへのリンクを、ロボット型検索エンジンは1つのリンクとみなして加点するか否か?という質問がはてなに掲載されています。



GMOが2004年末に大々的に宣伝していた検索サービス9199.jp(クイックジェーピー)ですが、これはJWordのプラグインをインストールしなければ使えません。しかし、9199.jpのプラグインなしで利用する方法もあります。http://9199.jword.jp/ にアクセスすればいいのです。



言語が異なるページからリンクを受けることで、PageRankは上がるかどうか?という質問がウェブマスターはてなにありました。



あるサイトを作成する場合、ディレクトリにするのとサブドメインどちらの方がSEO的に効果があるか、という質問がウェブマスターはてなにありました。



をお知らせしてくれるツール。ページがインデックスされた時にメールで通知してくれる機能もある。特に新規にWebサイトを立ち上げた後に、いつどの程度Googleにページが登録されているかを把握するのに便利だろう。無料で利用できる。



jux2は、2つまたは3つの検索エンジンで同時に検索、検索結果を比較することができるツールだ。



whoisはドメインの所有者やIPアドレスを調べられるサービスだが、whois sourceは非常に詳細なドメインやWebに関する情報を表示してくれる。Firefox用のプラグイン whois sc pluginも利用可能。



EffectiveBrand.comでは10分足らずで自分の検索ツールバーを作成できるサービスを提供している。ガイダンスに従っていくだけの簡単操作。



Bruceclay.comのCheck Server CodesはWebサーバが返すサーバヘッダ情報を取得するツールです。無料で利用できます。リダイレクト処理の確認などに活用できます。



SearchEngineWorldのServer Header Checkerは、Webサーバが返すサーバヘッダ情報を取得するツールです。無料で利用できます。リダイレクト処理の確認などに活用できます。



『GoogleのクローラGooglebotは訪問したページが更新されたかどうかをサーバの返すIf Modified Sinceヘッダによって判断する。だからIf Modified Sinceが適切に応答して更新したことをGooglebotに知らせてくれれば、あなたのWebページにも更新に応じて訪問するようになる』ということでサーバがIf Modified Sinceに対応していることは大切だよというのがGoogleGuyのお話です。



SEO Tools - META Analyzerは指定したURLのMETAタグとTITLEタグ情報を取得するツール。競合他社サイトの情報を取得することで、どのようなキーワードをターゲットにSEO対策しているのかを知ることができます。



Site Link Analyzerは任意のURL上にある外部ドメインへのアウトバウンドリンクとアンカーテキスト、あるいはサイト内のアウトバウンドリンクとアンカーテキストを一覧表示してくれるツール。両者を同時に調査することもできます。リンク環境を調査する際に便利です。



指定したキーワードにおける上位3サイト(ページ)の競争分析を行うツールが"Keyword Difficulty & Top 10 Competition Analysis Tool"。競争状況を把握する際に必要な多様な情報を検索エンジンから取得してくれます。



競合分析を行う際に必要な基本情報を取得するツールが"Site Analyzer Tool"です。Site Analyzer Toolは指定した複数のURLに関する検索エンジンでの登録ページ数やバックリンク数、PageRank値など、SEOの環境分析に役立つ情報を取得してくれます。



SOCEngine(Search Optimized Catalog)で公開されているツール"Top 100 Google Link Finder"は、任意のキーワードにおけるGoogle検索上位100サイトを表示し、その中であなたの指定したURLにリンクを張っているのはいくつあるかを調査するツールです。



DavidNaylorのサイトにて公開されているツール"Peer Peer"は任意のURLのバックリンク情報を表示してくれるツールです。Google、Yahoo!、MSN、AlltheWeb、Altavista、hotbotに対応しています。単純にバックリンクの数だけ知りたいときには便利です。



DavidNaylorのサイトにて公開されているツール"Page Rank Calculator"は任意のURLに与えられているPageRankを表示するツールです。Google Toolbarと同じ情報ですから、10段階中のいくつ、という形式で表示してくれます。



DavidNaylorのサイトにて公開されているツール"Server Headers"は任意のURLのサーバヘッダ情報を表示してくれるツールです。アクセス時にサーバがどのようなレスポンスを返しているかを確認する時に便利です。








MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化