ユーザーエージェントはSEMの業務でも使います。とりわけ競合分析において、他社がクローキングを用いたSEOを行っていないかどうかを調査する際にユーザーエージェントを偽装する必要があります。そういった時にユーザーエージェント情報は必要になってくるのです。



さぶみっと!JAPAN(http://e-365.jp)が10月21日に発行したメールマガジン『さぶみっと!通信10月21日号』。ロボット型検索エンジン対策としてクローラーに関する考察記事が掲載されているのですが、情報が古い、分析が甘すぎるなど、さぶみっと!JAPANらしくありません。








MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化