ユーザーかクローラかを識別して別のページに誘導する方法について



全く同じ検索キーワードで検索した人物が2人いても、それぞれに求められる「最適な検索結果」は異なるからです。



Google パーソナライズドWebサーチ(個別化検索)は 2004.03.31 現在 Google Labs (グーグルラボ)にて利用できます。



https://~のページインデックスに関連する質問



リンクを張る際に相対パスでも絶対パスでも SEO 的な効果について PageRank もリンクポピュラリティーも違いはありません。



Google はログインや認証を要求するページをインデックスすることはできません。



「ここに置けば1位確実」などという場所は存在しません。そんなものがあればみんなやっています。



Google は2003年後半頃から画像の alt属性内のテキストを検索対象から外しています。



<form>タグやプルダウンのテキストも検索対象になります。



今月3月29日に発売するインターネットマガジン 2004年5月号(インプレス)から、「勝手に診断 企業サイトのSEO」という連載をすることになりました。



Google は https:// ~もクロールできます。



Yahoo! Search はダイナミックURL もインデックスしますが、Google と同じルールを守っておくのが無難です。



Yahoo! Slurp に限らず検索エンジンクローラというのはクッキー対応していません。



Yahoo! Slurp は 2004.03.22 現在、href リンクを辿ります。



Yahoo! Web Rank は Yahoo! Search のための指標。Google とは関係ありません。



zubaken.net はメディア力が弱いので登録しても意味ありません。



Yahoo! Web Rank はまだ少数のユーザーによるベータテスト中の製品ですから、安定しません。



複数の検索ツールバーをインストールしても上手に管理できるツールがあります。Google ツールバー + Alexaツールバー + Yahoo! Companion Toolbar ・・・ SEO に必要なツールバーをインストールしていくとキリがありませんから、こういった管理ツールは役に立ちます。



Yahoo! Web Rank を Yahoo! のツールバーをインストールせずとも確認する方法があります。



Yahoo! Companion Toolbar v5.4.9 ベータ版をインストールしても Yahoo! Web Rank が表示されない場合があるようです。



Yahoo! Web Rank は Yahoo! Search Technology の検索アルゴリズムによって決定されます。



画像検索は、Google、NAVER、goo、Yahoo! Search といった検索エンジンで利用することができます。



SEOのリンク対策に取り組む際に、まずは自分のサイトがどこからリンクを張られているかを主要な検索エンジンにて確認する必要があります。



SEOのリンク対策に取り組む際に、まずは自分のサイトがどこからリンクを張られているかを把握しておく必要があります。



自分のホームページ内で特定キーワードを含んだページが何ページあるかを Google で調べる方法があります。



自分のサイト内のページのうち、米Yahoo! Searchに インデックスに登録されたページを一覧表示する方法があります。



自分のサイト内のページのうち、Google インデックスに登録されたページを一覧表示する方法があります。



オーバーチュアのキーワードアドバイスツールは、月間の検索キーワード検索回数を調査できるツールです。



グーグルのアドワーズ広告キーワードアドバイスとは、よく検索されるキーワードの組み合わせや類似キーワードを調査するために活用できる、ツールです。



ルックスマートは最近、ふつうな検索@2chを通じて日別の検索キーワードランキングを表示しています。



一部でサブドメインの利用が検索エンジンスパムになるという話をしているところがありますが、サブドメインを使うこと自体は問題ありません。そのサブドメインの使い方が問題なのです。



サブドメインをどう使うかはSEOの観点からのみ考えるのではなく、マーケティングやブランディングなど総合的な観点から考えることをおすすめします。



アクセスログ分析の際に、IPアドレスからそのユーザーの地域や利用回線を把握する方法があります。



サブドメイン間の過度のクロスリンクは特定条件下によってはリンクスパムとして取り扱われます。



Authorities (オーソリティー)サイトと Hubs (ハブ)サイトの概念について。



リンクスパムフィルターにひっかかりペナルティが課せられた可能性があります。



Yahoo! Web Rank は、米Yahoo! の Yahoo! Search Technology (=Yahoo! Search) が用いる検索アルゴリズムです。日本のYahoo! JAPANはまだアルゴリズム検索に Google を用いていますから関係がありません。



PageRank と Yahoo! Web Rank は評価方法が全く異なる(と思われます)ので、同じではありません。



Yahoo! Web Rank は Yahoo! Companion Toolbar をインストールすることで閲覧できます。



Google検索をしている時に、明白なスパムサイトを発見した場合は Google にそれを報告することができます。



Google PageRank を確認する時には、Googleツールバーを利用するのが一般的です。しかし、 Google PageRank Report を使えば複数のWebページのPageRank をツールバー利用せずにまとめて確認できます。



Google は新しいWebデザインのテストを一部のユーザー向けに行っています。この新デザインは、Google クッキーに少し手を加えることで誰でも利用できます。



検索エンジンスパム云々以前の問題で、表題が2つ存在する文書はありえませんからモラルの問題で使うべきではありません。



SEM は検索エンジンマーケティング(=Search Engine Marketing)です。検索エンジンを巨大な広告媒体とみなして、ここから質の高い見込み客を誘導し消費を誘発させる行為全般を指します。



キーワード密度(keyword density)は以前ほど重要ではありませんので、SEO を行う時に特別キーワード密度を意識する必要はありません。上位表示させたいキーワードが重要であることが読み手に伝わるように意識をしたライティングを心がければ十分です。



キーワード密度に最適値は存在しませんから5%という正確な値は嘘です。でも、5%前後といえばそれはある意味正しいです。でも前後という言葉は実際には3%~10%程度の誤差をさしますから、結局キーワード密度は存在しないようなものです。



アドワーズ広告は最小クリック率を達成していないキーワードは「無効」となり広告が表示されなくなります。



どんなに優れたWebサイトを作っても人が来なければ何の意味がありません。でも、人ばかり来てWebサイトがダメならやはり意味がありません。結局「SEO もコンテンツもどっちも大事」ということです。



<strong> タグで囲むだけで必ずランキングがあがるわけではありません。繰り返します。<strong> タグを使ったからといって必ず順位が上がることを意味しているわけではありません。SEO は「キーワードをタグで囲むと順位が上がる」というものではないことをはっきりと理解しておきましょう。



Yahoo! Search 対策では <no frame> タグ必須です。Yahoo! Slurp は href リンクしか辿らないからです。



Yahoo! Search はクローラ(Yahoo! Slurp)により自動的にWebページが収集・登録されます。きちんとサイト内のリンクを張ってサイトマップを設置して、クローラビリティを高めておけば、Yahoo! Slurp が登録してくれます。



米Yahoo! が PFI サービス "Site Match" の提供を開始しましたが、Yahoo! Search に登録するためにはお金を支払わなければいけないわけではありません。



MarketingSherpa, Inc. によると、75%のクリックはオーガニックリスティングのサイトとのことです。



検索エンジンランキング調査ツールの紹介。



検索技術関連の論文を集めたサイトはいくつもあります。



Googleアドセンス広告をホームページに貼り付けた時、どんな種類の広告が表示されるのか、簡単に調べられるツールがあります。



YahooSeeker は Yahoo! Shopping Search の クローラーです。



Google は JavaScript で記述されたリンクでもクロールできますが、100% クロールするわけではないのでテキストリンクも併せて設置しておきましょう。



検索エンジンはイメージマップのリンクもクロールできます。しかし、スタティックリンクも同時に設置することが原則です。



Google と AlltheWeb は macromedia Flash 内のリンクもクロールできます。しかし原則としてスタティックURLを全Webページに設置することが望ましいです。



アンカータグに title 属性を入いれることは検索エンジン対策自体にはなりませんが、効果的に利用することでユーザビリティの向上には役立ちます。



SEO をしている人の多くが <strong> タグの意味を勘違いしています。<strong> タグは「キーワードを囲むためのタグ」ではなくて、論理構造上の「強調」を示すためのタグです。



クローラーに論理構造を伝えることが目的ですから、<strong> タグを用います。または、<em>タグです。



他人のホームページにいやがらせのリンクを張って順位を落とすというのはできません。



Topic-Sensitive PageRank は現時点では Google の検索アルゴリズムには搭載されていないと思われます。それを示す状況が観察できないからです。



Google は domain.com と www.domain.com を同じWebサイトであると判断できます。



Google は他から1つもリンクを受けていない、いわばインターネット上で「孤立した」ページは登録しません。他から1つもリンクされていないWebページをクローラーは(他サイトからのリンク経由で)発見できませんし、1つもリンクがないページは評価できないからです。



商品やサービスに興味がありそれを探し求めているユーザーが集合している検索エンジンからのトラフィック誘導を無視する理由がなければサーチマーケティングに取り組む価値はあるはずです。



ドメイン名はそのままIPアドレスを変更する際には、上手に手順を進めないと Google のインデックスから一時的に消える場合があります。



Google は Flash リンクもクロールできるとはしていますが全ての Flash のリンクを確実にクロールしてくれるわけでもないようです。確実にクロールしてほしければスタティックURL ( アンカータグを用いたリンク)を全ページにつけておくことです。



Google のバックリンクを調べるためには前提として当該サイト(ページ)がインデックスされているのは当然として、それ以外の理由でも表示されないことがあります。



Google (読み:グーグル)の名前の由来について



NTT-X (2004年4月よりNTTレゾナント株式会社)が運営する検索ポータル goo (ぐー)の名前の由来について。



米Yahoo! Inc. が最近ロールアウトした検索技術 Yahoo! Search Technology は Inktomi ではなく、全く新しい検索エンジンです。



リンクファームに参加しているサイトからリンクが張られると、自分のサイトもリンクファームに参加したことになって検索エンジンスパムとみなされる、と考えている方がいるようですが、そのようなことはありません。



2003年11月の Google アルゴリズムの変更、通称 Florida Update 以降、アドワーズ広告で利用される商用ワードがフィルターにかけられたのではないかと主張する人々が一部にいますが・・・



マイクロソフトの検索ツールバー "MSNツールバー" のインストール方法について。



Yahoo! Search Technology はデイリークロールとメインクロールの2つのクローラによりインデックスを運用管理しています。



Yahoo-MMCrawler/3.x はマルチメディアファイル用のクローラ。



リンクファームの説明をすると相互リンクもダメだと勘違いする方が少なくないので、追加説明。



Googleツールバーを使ってWebページを閲覧することと、Googlebot の来訪には全く関係はありません。



Google PageRank はリンクの数だけで決まるのではありません。各々のリンクの価値も加味されます。



Webサイトのコンテンツ表示時にクッキーを要求する場合、検索エンジンのクローラはアクセスできませんからインデックスされません。



PageRank値はWebページに張られているリンクの数とそのリンク元の評価によって決まるのですから、被リンク数が減れば PageRank の値は減るでしょう。



SEO にとってベストな文字量というように SEO を基準にした文章量を決めるのはやめましょう。そのページをユーザーに見せる時に必要な情報量はどれだけですか?それで考えてください。Webページは誰のために作るのか。



Google は検索結果を決定するために100以上の検索アルゴリズムを組み合わせることで、検索キーワードと検索結果の関連性を精緻化しています。PageRank はそのアルゴリズムの中の1つにすぎませんから、PageRank の優劣だけで順位が決まるわけではありません。



Yahoo!JAPAN のカテゴリ検索結果は、Yahoo!JAPAN 独自のアルゴリズムによって決定しています。50音(あいうえお~)ではありませんので注意。



Yahoo!JAPAN のビジネスエクスプレスですが、営利サイトであればビジネスエクスプレスを使った方が(Yahoo!JAPAN カテゴリに掲載したいのであれば)5万円支払っても登録した方が良いでしょう。



A new eMarketer report looks behind paid search advertising's impressive numbers to reveal the dynamics that are driving growth.



SEO をアウトソーシングしたい方のための厳選SEO会社。



Expert Page (エキスパートページ)の定義。



Expert Link (エキスパートリンク)の定義。



Expert Document (エキスパートドキュメント)の定義。



Expert Index (エキスパートインデックス)の定義。



PageRank とは各々のWebページのインターネット上における重要度を他のページによって紹介されている(つまりリンクの)量、その質によって推し量ろうとするスコアリング技術です。リンクによる相互関連度を分析しているのですからドメイン名にって PageRank の値が変化することはありません。



Yahoo! Site Match の PFIサービスと、Yahoo!ディレクトリー有料登録は異なるサービスです。前者はページ検索(=アルゴリズム検索)インデックスへの登録、後者はディレクトリーへの登録です。「登録」の内容も異なります。



アドワーズ広告広告を出稿する際にキーワード制限はありません。



オーバーチュア・スポンサードサーチに広告を出稿する際にキーワード制限はありません。



Google が OOP (Over Optimization Penalty) というフィルターをかけたといいますが、Over Optimization = 過剰最適化 = スパムということで、以前と同じことです。従来スパムと判断されたのは検索エンジンを騙すことに固執した過剰最適化なのですから。



新規に立ち上げたWebサイトや新規作成・公開したWebページにもかかわらず PageRank の値がついていることがあります。これは"仮のPageRank"、通称「推定PageRank」と呼ばれるものです。



ダイナミックURL の時、パラメーター(引数)の数を1~2個にすることで Google に登録されやすくすることができますが、パラメーターの数が少ないからといって必ず Google に登録されるわけではありません。



国内の大手ポータル、検索サイトのほとんどは Google を採用しています。Google 採用サイトが10個あっても登録申請は10回する必要はありません。この点に注意してください。



最近アドワーズ広告の一部が Google 検索結果(SERPs)の最上部に表示されるようになりました。これは「ロールアップ」と呼ばれるものです。



レンタルサーバ会社を変更するなどの理由により、WebサイトのIPアドレスが変更になる場合があります。URLは変わらずIPアドレスのみ変更する時にランキングに悪影響はありませんが、タイミングに気をつける必要があります。



Yahoo! Search は有料登録(Paid Inclusion)の Site Match と、Free Submission (無料登録)を用意しています。各々のニーズに合わせて好きな方を使えます。



PFI (ペイドインクルージョン)とは、無料のWebページよりもインデックスの更新頻度を早くするためのサービスであって、無料のWebページをインデックスから削除するサービスではありません。



ある特定のキーワードで検索エンジンの上位に表示させるために、画像の内容にかかわらず同一のキーワードを alt 属性に埋め込む方がいますが、それは「上位表示のためのテクニック」に成り下がっておりユーザーの利益にはならないことを認識して下さい。また、このような行為が「良い」と勘違いして伝播したことから、現在は無効です。



動的コンテンツ(ダイナミックコンテンツ)、動的URL(ダイナミックURL)、あるいは動的ページ(ダイナミックページ)と似たような言葉がありますが、SEO の世界で用いられるそれぞれの言葉の意味について



Googlebot の動的ページ(動的URL)の取り扱いについて。



Yahoo!ジャパンのページ検索と Google のページ検索の結果が一致しないことがありますが、複数サーバで運営されていることによるものです。








MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化