2004年06月20日

SEOでの「正しいHTMLの使い方」の正しいとは?

SEOは「正しいHTMLを使う、正しいマークアップを行えばある程度の最適化は可能」と言われるのですが、ここでの「正しい」とはどんな意味か。

■質問
「正しいHTMLを使えばSEOはできます」という話を時々聞くのですが、この「正しい使い方」とはどういう使い方ですか?

■回答

多くのウェブデザイナーは「ブラウザを通じてどう見えるか」という点だけを考えてHTMLタグを利用してきた結果、例えば blockquote 要素を引用ではないのに左側に余白をとるために利用したり、見出しの役割ではない要素に文字を大きくしたいという理由だけで <h1> ~ </h1> タグを使う、逆に見出し要素なのに font 要素で定義する、といったようにタグの持つ本来の意味を無視した使われ方が横行しました。

この利用方法はブラウザだけを意識して、タグが持つ論理構造を定義する意味を無視しています。しかし検索エンジンは各々のタグをそれが持つ役割から解釈しようとしますから、誤ったマークアップがされると検索エンジンに適切にページ上の情報を伝えることが出来ません。

「正しくHTMLを利用しましょう」というのは、それら論理構造を定義するタグの意味を理解し、その役割に即した使い方をしましょうということです。ページ上で見出しの役割を果たす文字列は <h1> ~ </h1> で指定しろということです。

論理構造はHTMLで定義して視覚表現はCSSで定義することで、検索エンジンにも人間(訪問者)にも適切に情報伝達が行えるようになります。

ref.
ウェブページの管理と運用(CSS と ftp)


2004年06月20日 12:14 | [ SEO ] | トラックバック


『SEOでの「正しいHTMLの使い方」の正しいとは?』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化