2004年03月19日

キーワード密度はどの程度重視すれば良いのですか?

キーワード密度(keyword density)は以前ほど重要ではありませんので、SEO を行う時に特別キーワード密度を意識する必要はありません。上位表示させたいキーワードが重要であることが読み手に伝わるように意識をしたライティングを心がければ十分です。

■質問
キーワード密度はどの程度重視していけばよいのですか?また、キーワード密度に最適値はあるのでしょうか?

(質問者:匿名)

■回答

一昔前 - まだ、検索エンジンがWebページの評価をする際にリンクやテーマ、エキスパートといった要素は一切考慮せずただページ上の情報だけを利用していた時代には、キーワード密度はそれなりに重要でした。検索エンジン毎に最適なキーワード密度はいくつか?といった議論もよくされたものです。

しかし現在は検索アルゴリズムが複雑化して、様々な要素から総合的にWebページとキーワードの適合性が評価されるようになった今日、キーワード密度という要素こそ存在しますがそれの重要性は無視できるほど重要性が低くなっています。従ってWebページの文章を書く際にキーワード密度は考慮する必要がありません。

ただ1つ、文章を書くときに注意をして頂きたいことは、上位表示させたいキーワードがそのページにおいて重要であることが読み手に伝わるように意識をして下さい。例えば、皆さんが日常生活の中で誰かと会話をしたり、ビジネスの現場でクライアントに対して自社の商品やサービスのアピールをする時、何か強調したい言葉や文言があるでしょう。その時に、意識的にその言葉のイントネーションを変えたり語気を強めたり、何度か繰り返してその言葉を相手に意識させるはずです。

それと同じことをライティングでも行って下さい。そうすれば、相対的にその「キーワード」は普通に文章を書くよりも"気持ち"多く利用されるでしょう。それで良いのです。キーワード密度に時間を一生懸命かける必要はありません。

また、ご質問の「キーワード密度の最適値」ですが、これは存在しません。ちまたでは5%前後が良いといわれていますが、この「前後」という言葉がくせ者で、幅があります。5%前後にしたからといって上位に表示されることはありません。

なぜかというと、検索エンジンはあくまで相対的に重要性の高いページを上位に表示させるため、キーワード毎に求められる(その時点での)最適値は異なるからです。また、毎日のようにあなたが狙っているキーワードを含んだWebページが世界のどこかで作成され、そして消えていきます。既存のWEbページの文章も書き換えられるでしょう。その旅にいわゆる最適な値は変わります。こう考えると、ある特定の数値に合わせようとする努力がほとんど無意味であることがおわかりいただけるかと思います。

SEO 関連の掲示板やMLでよくキーワード密度の話題が出ますが、全く意味がありません。気にする必要はないのです。


2004年03月19日 15:02 | [ SEO ] | トラックバック


『キーワード密度はどの程度重視すれば良いのですか?』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化