2004年03月19日

キーワード密度は5%が最適という話をあるSEO業者から聞いたのですが、本当ですか?

キーワード密度に最適値は存在しませんから5%という正確な値は嘘です。でも、5%前後といえばそれはある意味正しいです。でも前後という言葉は実際には3%~10%程度の誤差をさしますから、結局キーワード密度は存在しないようなものです。

■質問
あるSEO業者の方からキーワード密度は5%にあわせるといいという話を聞いたのですが、本当でしょうか?

(質問者:匿名)

■回答

キーワード密度に普遍的な最適値は存在しません。従って5%と正確な数値を挙げることは不可能ですし、それは嘘です。でも「5%前後」といえば正しいです。ただし、ここでいう「前後」とは3~10%程度の幅の広い数値を指します。

私たちがある話題の元に文章をかけば、その主題を語る時に必ず使う言葉の修験頻度(=密度)はたいてい2~7%程度に収まるものです。

また、検索エンジン、例えば Google は100以上の要素を組み合わせた複雑な検索アルゴリズムを通じてランキングを決定します。その中でキーワード密度のウェイトは非常に低く無視できる程度です。

さらにいえば、検索エンジンは相対的に重要だと判断したページを上位に表示しますから、キーワードによって望ましい密度は異なります。さらに、たとえ同じキーワード密度であってもそのキーワードがどのタグの中で用いられているかを考慮していないという点でも全く役に立ちません。キーワードが同じ密度で入っていても、それが h1 タグにあるのかないのかでは大きく評価は違うのです。

そんなわけで、キーワード密度を考慮する必要はありません。


2004年03月19日 15:01 | [ SEO ] | トラックバック


『キーワード密度は5%が最適という話をあるSEO業者から聞いたのですが、本当ですか?』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化