2004年03月07日

SEO に必要な1ページあたりの文章量

SEO にとってベストな文字量というように SEO を基準にした文章量を決めるのはやめましょう。そのページをユーザーに見せる時に必要な情報量はどれだけですか?それで考えてください。Webページは誰のために作るのか。

■質問

ページ毎に SEO をするときの、1ページあたりの最適な文字量・文章量というものはあるのでしょうか?

■回答

まず、Webサイトは誰に見せるものであるか、Webサイトで資料請求や商品の購入をしてもらいたい相手は誰かを確認してください。訪問者に対して提示する必要のある情報は何ですか?それによって文章量は決まります。

一般的な SEO に最適な文章量や文字量など存在しません。インターネットには様々な話題をあつかった様々な文書が様々な形式で存在します。検索エンジンはその中で相対的に最も適合度の高いWebページを提示するのですから、キーワード毎に求められる適合度が異なる以上最適な文章量や文字量を求めるのは不可能です。それに、検索エンジンに見せるために文字量や文章量を決めるのは非常にばかばかしいと思いませんか。

検索エンジンで情報を探しているユーザーが増えたから検索エンジン対策が重要になったのです。あなたが最終的に相手にしなければならないのは商品の購入や問い合わせをしてくれる人間であるということを忘れないでください。


2004年03月07日 00:19 | [ SEO ] | トラックバック


『SEO に必要な1ページあたりの文章量』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化