2004年03月05日

検索エンジン登録代行に3万円払うメリットは?

国内の大手ポータル、検索サイトのほとんどは Google を採用しています。Google 採用サイトが10個あっても登録申請は10回する必要はありません。この点に注意してください。

■質問

とある会社のプレスリリースで、次の検索エンジンへの登録代行費用として3万円以上(\36,750)の金額でした。その文面によると、検索エンジンの登録数が増えれば作業が煩雑になるからと書いてありましたが、以下の検索エンジンはほとんど Google です。Google とその提携サイトにも登録したい場合、提携サイトごとに登録申請する必要があるのでしょうか?

Google、goo、Infoseek-Japan-、BIGLOBE、DION、@nifty、Excite Japan、AllAboutJapn、So-net

■回答

質問者の方から具体的な社名およびプレスリリースを頂きましたが、非公開として回答をします。

上にあげていただいたポータルおよび検索サイトは全て Google を採用しています。しかし、Google 本体に登録ができればそれは全て提携サイトにも反映されます。提携サイトも Google と同一の検索結果を表示します。従って、提携サイトが10個あっても Google 本体への登録申請作業1回で済みます。

1回の作業で3万円はちょっと高いですよね。そもそも Google は自らURL登録申請行わなくても勝手にクロールしてくれますし。おそらくその会社は、goo や infoseek、BIGLOBE が Google によって運営されていることを知らないのではないでしょうか。


2004年03月05日 17:14 | [ SEO ] | トラックバック


『検索エンジン登録代行に3万円払うメリットは?』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化