2004年02月29日

ランキング落ちた = 検索エンジンスパム?

Webページに何らかの変更を加えた結果、以前よりランキングが「低下」すればスパムと思っている方がいるようですが、それは違います。一般的にSEOの世界で呼ばれるスパムとは、「大幅にランキングが低下した、インデックスから消えている」などの状況を指します。

■質問

先日、ホームページにいくつか変更を(特にSEO対策とは関係ないです)したら、Google の検索結果の順位が3位から10位に落ちました。これはスパムとみなされたのでしょうか?


■回答

「検索エンジンスパム」の解説の中でいわれる「ランキングの低下」とは、例えば「今までは10位前後だったのが500位くらいに落ちた」「上位に表示されていたのにインデックスから完全に消えた」などのように、「非常に大きなランキングの低下」(目安として100位以上)を指します。

質問者のように3~10位のような変動は検索エンジンの仕組み上通常ありえることです。Webページに何らかの変更を加えてテキスト情報やタグの情報に変化があれば、その更新された情報を元に検索アルゴリズムが新たなスコアリングを算出します。その結果は以前と変わることもあるでしょう。また、あなたのホームページ以外のサイトのスコアリングが変われば、毎回のスコアリング算出のたびに相対的にランキングが変動するのは当然です。

例えば、学校のテストを思い浮かべてください。5月の試験であなたは100点満点の70点でした。校内の平均点は45点。そしたらあなたは比較的優秀な部類に入るでしょう。9月にまた試験がありました。今回もあなたは70点。でも校内の平均点は79点でした。すると同じ点数なのに相対的にあなたの評価は下がりますね。検索アルゴリズムによるランキング変動もこれと同じです。

おわかりになりましたでしょうか。


2004年02月29日 12:48 | [ SEO ] | トラックバック


『ランキング落ちた = 検索エンジンスパム?』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化