2004年03月31日

パーソナライズサーチはどんなメリットがありますか?

全く同じ検索キーワードで検索した人物が2人いても、それぞれに求められる「最適な検索結果」は異なるからです。

■質問
どうして検索エンジン各社はそろって個別化検索(パーソナライズドサーチ)の提供を試みているのでしょうか。

■回答
Yahoo!、Microsoft、Google、そして Eurekster とこぞってパーソナライズドサーチ(個別化検索)の提供を試みていますが、これは「同一検索キーワードでも、ユーザーによって求める情報は異なる」という発想に基づいています。

現在の検索エンジンは検索キーワードに対して一般的に最も関連性の高いと思われるWebページを表示します。例えば「旅行」といったら「旅行」という言葉に関してインターネット上で"一般的に"最も関連性の高いと思われるWebページを順番に表示します。

しかし、ユーザーによって「旅行」という検索に対して求める検索結果は異なるものです。例えばいつも旅行はツアーを利用する人にとっては大手の様々なツアーパッケージを用意している会社が上位に出ることを期待するでしょうし、一方でいつも個人旅行をする人は個人旅行で役に立つ情報源を探し求めているでしょう。

このように、同一の検索キーワードでもそれに対する"最適な"検索結果は人によって異なります。この個々人の持つ「差」を埋めるものが個別化検索(パーソナライズ化)と呼ばれるものです。

具体的には、ユーザーのプロフィール情報をあらかじめ知ることでその人の趣味嗜好や過去の検索履歴、あるいは過去の商品やサービスの購買履歴などを把握することで、検索結果を"個別に最適化"してくれます。


2004年03月31日 05:22 | [ サーチ全般 ] | トラックバック


『パーソナライズサーチはどんなメリットがありますか?』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化