2004年08月09日

グーグルダンスの周期を教えて下さい

グーグルダンスというのは過去のものです。現在はグーグルダンスとは言いません。

■質問
グーグルダンスというのが1ヶ月に1回ほどあったと思いますが、いまもその周期は同じなのでしょうか?

■回答

かつて「グーグルダンス」とよばれる現象がありましたが、もうなくなっています。(ref.消えゆくグーグルダンス

「グーグルダンス」という言葉の由来は、かつての(2003年春までの)グーグルが1ヶ月に1回、インデックスを更新していた時の状況にあります。グーグルはインデックスを更新する時に複数のデータセンターを順番に更新していくため、インデックス更新作業が完了するまで(つまり、全てのデータセンターに新インデックスが反映されるまで)検索するたびに掲載順位が変動する現象が起きたのです。この「検索するたびに検索結果が変わる」、ウェブマスターの視点からいえば「検索するたびに自分のページの順位が変わる」この状態を「グーグルが踊っている」(検索順位が動いている)=>「グーグルダンス」といったわけです。

しかしグーグルは2003年春以降、エバーフラックスEverflux)と呼ばれる状態になりました。これはインデックスが日々更新されることにより、順位変動が恒常的に起こる状態を指します。順位変動が日常茶飯事となった以上、グーグルダンスという現象そのものの意味がなくなってしまったのです(毎日”ダンス”しているのだから騒ぐことではない)。

以上のような理由から、「現在はEverfluxにより毎日順位が変動している」これが質問に対する答えとなります。

※ 最近はエバーフラックスという言葉も使いません。エバーフラックスという言葉が生まれた頃よりもGoogleはインデックスの更新頻度が強化されているためです。「グーグルは毎日更新されている」と考えて下さい

ref.
グーグルのエバーフラックス現象


2004年08月09日 13:11 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルダンスの周期を教えて下さい』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化