2004年07月25日

Googleバックリンク表示変更の影響は?

2004年7月中旬のGoogleバックリンク更新により、従来は表示されなかったリンク元ページが表示されるようになった一方で、従来は表示されていたリンク元ページが表示されないなどの現象が起きています。この影響について。

■質問
先日Googleがバックリンクの更新をしたようですが、アルゴリズムが変更になったという噂を聞きました。本当のところどうなのでしょうか?


■回答

2004年7月中旬に行われたGoogleのバックリンク更新に従来とは異なる現象がみられるため、一部で検索アルゴリズムが変更になったのでは?という憶測が流れています。

まず、どんな現象が起きているかを確認しましょう。今回のGoogleバックリンク更新が従来と異なるのは次の2点。

  1. 従来は表示されなかったリンク元ページが表示されている。例えば、PageRankが低いリンク元ページが表示されるようになった。
  2. 従来は表示されていたリンク元ページで表示されないものがある。例えば、PageRankが高いリンク元ページが表示されない

以上のようにバックリンクの表示仕様が変わったのが確認できます。

さて、以上のような現象から何かを推測したくなるわけですが、現状では何もわかりません。理由は次の通り。

  1. Googleは従来から任意のURLに対する全てのバックリンクを表示していません。(現時点で確認できるのは)その"表示"仕様の変更 - 何を表示して、何を表示しないかのルール - だけですから、これをもってランキングを決定する検索アルゴリズムの変更を推定するのは困難です。
  2. バックリンクの表示仕様が変更になっても、Googleの掲載順位や検索キーワードに対する関連性は変化がありません。この点からも、バックリンク表示仕様の変更と順位を決定する検索アルゴリズムとの相関関係を推定することは出来ません。

ただし、最近のGoogleは[バックリンク更新][Googleツールバー上のPageRank][(アルゴリズム変更による)ランキング変動]が同期していませんから、今回のバックリンク表示仕様の変更が全く影響を及ぼさないと言い切ることもできません。しばらくは様子見です。


2004年07月25日 22:45 | [ グーグル ] | トラックバック


『Googleバックリンク表示変更の影響は?』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化