2004年06月27日

Google は SEO についてどう考えているか?

GoogleはSEOに反対しているわけではありません。検索結果の品質向上に貢献するという意味では、賛成です。

■質問

Google は Search Engine Optimization についてどう考えているのでしょうか?

■回答

最近の GoogleGuy (Google関係者。Webmasterworld にてしばしば発言)と Matt Cutts 氏の発言から。

GoogleGuy: Here's how I look at the subject. People think about how their pages will show up in search engines. That's SEO but perfectly normal. People tweak the words they use a little. Maybe they add a site map. Maybe they redo their site architecture so that the urls are static instead of dynamic. That's SEO, and no problem. Things like removing session IDs, using text links instead of Flash or frames or weird stuff that some search engines can't read can make a site more usable for users. It's easier to bookmark a page. It's easier for blind people, people with older browsers, or people using WebTV. All of the changes like this can improve a site for users and search engines alike. Is it SEO? Sure. Is it wrong? Of course not. (... skip ...)

My personal take would be that there's lots of people who practice good site design for users and search engines, and that Google has no objection to SEO if it reflects those ideas. (Webmasterworld / Update Brandy Part 3 )


GoogleGuy: Again, this is all just my two cents. :) We want quality sites to do well--ideally without worrying too much about SEO. (Webmasterworld / Update Brandy Part 3 )


次に Matt Cutts 氏の発言。

Q: Is Google for or against search engine optimization?

MC: "We don't sit around plotting against search engine optimizers." He defines search engine optimization as "trying to show up well within search engine guidelines." If search engine optimization makes results more relevant he's all for it. If it brings better content into the web he's all for it. However, he’s against hidden text. All in all, he believes search engine optimization is neutral or even positive in regards to Google because it can increase the quality of Google to the end users. (Matt Cutts / WebProNews / Google Answers User Questions)

以上をまとめると、ユーザーにとって良い(有益な)Webサイトを構築した時、それが検索エンジンが見てもそう(=有益だと)判断できるようなWebサイト作りをしている限りは SEO は全く問題ないし、むしろ検索エンジンの表示する SERPs の関連性を高めることになるのだから Google にとっても良いこととなります。

セミナー『SEOが変える企業のWebマーケティング戦略』に参加された方々に説明をしましたが、要は「ランキングを上位にあげるための」小手先のテクニックに頼るのではなくて、Web設計段階から「クローラー」と「人間」の両者が理解することを意識すれば良いのです。つまり、クローラーがWebページの文書を理解するのに必要な「情報の論理構造」を明確にすることですね。ブラウザを通じて見える画面は同じでも、タグにより論理構造を明確にしているか否かによって検索エンジンから見えるあなたのWebサイトは全然違うということです。


2004年06月27日 12:24 | [ グーグル ] | トラックバック


『Google は SEO についてどう考えているか?』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化