2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - はじめに

「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」の解説。概要。

Googleはサイト内に「Web マスターのための Google情報」というコンテンツを用意しています。Googleに登録をしたいウェブマスターに役立つ情報が色々と記載されています。

その中に、SEO会社選定に関する注意事項をまとめたページもあります。それが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」です。サイトの順位に貢献する適切なSEOを施す業者と、スパムまがいのことをする業者の違いを見極めるヒントが記載されています。

ところで、ここに挙げられた項目のうち後半の「その他に注意すべきことは? 」の内容がよくわからないという質問を受けることがあります。確かに専門用語がいくつか出てくるのでSEO業界の事情をよく知っている人間でないと理解できないでしょう。けれどもSEO会社を選ぶ人の多くはSEOに関する知識は十分に持っていないものです。

そこで、「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」を通じてGoogleが何を言いたいのか、それの意図を汲み取りながら解説していきたいと思います。

  • シャドードメインを所有している
  • 誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている
  • アドレス バーへのキーワード入力を販売している
  • 実際の検索結果と、検索結果に表示される広告との区別をつけない
  • 順位を保証するが、必然的に検索結果の上位になるような、あいまいで長いキーワードの場合に限る
  • 複数のエイリアスや偽造された WHOIS 情報を使用している
  • 虚偽のサーチ エンジン、スパイウェア、またはスカムウェアからトラフィックを得ている
  • Google インデックスから削除されたドメインを所有している、または SEO 自身が Google に登録されていない
引用元:サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer)


なお、以上の項目より前に記載されているものはGoogleからの説明が掲載されていますので省略をします。また、各々の説明はSEOに長く従事してきた知識と経験から、私がGoogleの意図をくみ取った上で解説を加えています。Googleの公式見解ではありませんし、Googleが実際にここで説明しているような意図を持っているかどうかの保証は致しません。



  1. シャドードメインを利用するSEO

  2. 顧客内リンクファームによるSEO

  3. 日本語キーワードアクセスによるSEO

  4. ナチュラルサーチとペイドリスティングの混同

  5. 誰も利用しない検索キーワードでのSEO

  6. WHOISに偽情報を登録

  7. 不正クリックによるトラフィック稼ぎ

  8. 検索エンジンスパム履歴ありのSEO会社


2004年05月22日 20:45 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - はじめに』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化