2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (I) - シャドードメインの利用

グーグルが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」にて挙げている、SEO会社選定で注意すべきこと。”シャドードメインを所有している”について。

”シャドードメインを所有している”

まず”シャドードメイン”について説明をしましょう。”シャドー”は影(shadow)の事を指しています。シャドードメイン (shadow domain) とは、複数のドメインを取得して、そのドメイン群からトラフィックを誘導したい特定のドメインへの入り口として機能させることを指します。ゴースト・ドメイン(ghost domain)も同じことを指しています。

シャドウドメインについて具体的な例を挙げましょう。例えばあなたが携帯電話を販売するWebサイトをドメイン"keitaidenwa-a.com" にて運営していたとしましょう。

まず新たにドメイン

keitaidenwa-b.com
keitaidenwa-c.com
keitaidenwa-d.com
keitaidenwa-e.com
keitaidenwa-f.com
keitaidenwa-g.com

を取得してWebサイトを開設します。それぞれのドメイン(URL)を特定キーワードで最適化して上位に表示させます。後述しますが、これらのサイトはユーザーに見せることは前提としていないため、見栄えは全く無視した検索エンジンが好む形式で作っておきます。

ところで、このWebサイト管理者(=スパマー)はあくまで自分がメインで運営する"keitaidenwa-a.com" にトラフィックを誘導したいだけです。そこで、もしユーザーが検索エンジン経由でこれらのシャドウドメインに訪れた時には、自動的に "keitaidenwa-a.com" にリダイレクトさせるようにします。このリダイレクトはクローキング(cloaking)を用いることもありますし、単に METAタグや JavaScript で転送させることもあります。いずれにせよ、ユーザーに訪れて欲しい場所は "keitaidenwa-a.com" なのでこちらに誘導してしまいます。自動的に転送されるのでユーザーが気が付くことはないでしょう。

以上のような手法をシャドウドメインといいます。当然ですが グーグル はこれを検索エンジンスパムとみなします。検索エンジンに登録したドメイン下のページはユーザーに見せることを前提としておらず、アルゴリズムを逆手にとって悪用しているに過ぎません。これらの行為は検索エンジン会社から見れば、検索結果の質の低下を招きユーザーの利益を損ねるためスパムとして排除するのです。


2004年05月22日 20:40 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (I) - シャドードメインの利用』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化