2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (II) - 顧客内リンクファーム

グーグルが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」にて挙げている、SEO会社選定で注意すべきこと。”誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている”について

”誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている”

ここで触れている"誘導ページ"が何を想定しているのか(日本語では)不明でしたので、同ページの英語版を見ました。すると"puts links to their other clients on doorway pages" とあり”ドアウェイページ”を指していましたので、ここではドアウェイページということで解説します。ドアウェイページとは簡単にいうと「検索エンジンに上位表示させることを目的に作成した専用のページ」であり、スパイダーに収集させることのみを目的としたページを指します。つまり先ほどのシャドウドメインのように検索エンジンに上位表示させることだけを目的にして、検索エンジン経由でユーザーがドアウェイページに訪れたら主ページにリダイレクトさせるわけです。

さて、この項目”誘導ページに他の顧客へのリンクを含めている”が意味するところは、SEO会社の中には自分が持つクライアントWebサイトのリンクポピュラリティ対策のために、クライアントのサイト同士間でリンクを張り合わせる会社があるよということです。例えば、クライアントとしてA社、B社、C社の3つがあったとしましょう。するとSEO会社の中にはこっそりと(それぞれのクライアントには告知せずに)勝手にA社、B社、C社を相互にリンクさせてしまうところがあります。これは当にクライアントのサイト内で行うこともあれば、ここで触れられている通り各々のクライアント用のドアウェイページ上でリンクをさせていることもあります。

これはドアウェイページ自体がスパムですが、クライアント同士を勝手にリンクさせていることが不当にリンクポピュラリティーを操作する行為に該当するため、グーグル は注意しましょうといっているのです。さらに大抵の場合他クライアントへリンクを張る際には無許可でやるものですから、それ自体も問題でしょう、ということも言いたいのだと思います。


2004年05月22日 20:39 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (II) - 顧客内リンクファーム』へのトラックバック:











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化