2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (IV) - ナチュラルサーチとペイドリスティング

グーグルが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」にて挙げている、SEO会社選定で注意すべきこと。”実際の検索結果と、検索結果に表示される広告との区別をつけない”について

”実際の検索結果と、検索結果に表示される広告との区別をつけない”

これは3つ目の項目と似ている話なのですが、要は グーグル AdWords や Overture といったペイドリスティング検索連動型広告)と、ナチュラルサーチ(SEO:検索エンジン最適化) をごちゃまぜにして販売しているSEO会社に注意してね、ということです。

例えば、SEO会社が「うちに頼んでくれれば検索エンジンの上位に表示されますよ」と営業をしてきて、「SEOやってくれるのね」と思ってお金払ったけれども実際に掲載されたのはオーバーチュアのスポンサードサーチによるペイドリスティング枠への掲載だった、といった事例を指しています。検索エンジンの上位に表示されるとはいえ、アドワーズ広告やオーバーチュアの広告枠に掲載するなら何も高いお金を払ってそのSEO会社に頼む必要もないわけですから。

SEO と称してペイドリスティングを販売しているのが問題であり、グーグル はそういった悪質なSEO会社に騙されないように注意してね、と促しているわけです。

日本国内にこういう業者がいるかどうか、については私が知る限り存在は聞きません。


2004年05月22日 20:35 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (IV) - ナチュラルサーチとペイドリスティング』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化