2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (VI) - "偽物のWhois情報を登録"

グーグルが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」にて挙げている、SEO会社選定で注意すべきこと。”複数のエイリアスや偽造された WHOIS情報を使用している"について。

”複数のエイリアスや偽造された WHOIS情報を使用している"

WHOIS情報に正しい情報を登録していないSEO業者ですね。情報を十分に公開していない、あるいは虚偽の情報を公開しているようなSEO会社は注意せよ、ということです。

ちなみに米グーグルのエンジニアの話によると、グーグルは検索エンジンスパムの恐れがあるサイトについて、必要があればWHOIS情報を参照するとのこと。WHOIS情報を通じて不正が確認されればペナルティを与えるということです。


2004年05月22日 20:32 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (VI) - "偽物のWhois情報を登録"』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化