2004年05月22日

グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (VII) - 不正クリックによるトラフィック誘導

グーグルが「サーチエンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer) 」にて挙げている、SEO会社選定で注意すべきこと。”虚偽のサーチエンジン、スパイウェア、またはスカムウェアからトラフィックを得ている”について。

”虚偽のサーチエンジン、スパイウェア、またはスカムウェアからトラフィックを得ている”

これは、トラフィック保証型のSEO会社(毎月、一定以上のトラフィックをクライアントサイトに誘導することを保証するSEO)の中でも悪質な会社を想定した記述と思われます。つまり、トラフィック保証型のSEOを提供する場合、毎月一定以上のトラフィックをクライアントに与えなければならないわけですが、それを実現する為に悪質な手段を用いている場合があるのです。スパイウェアやスカムウェアを駆使してユーザーのPC設定を書き換えて特定サイト(=クライアントのサイト)にアクセスされるようにしたり、嘘のサーチエンジンを作り上げてそこからトラフィックを誘導するといった具合です。


2004年05月22日 20:31 | [ グーグル ] | トラックバック


『グーグルの話す「悪質なSEO」とは? - (VII) - 不正クリックによるトラフィック誘導』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化