2004年04月08日

SEO と related: で表示される数の関係

Google の関連ページ(related:で表示される数)とSEO は関係ありません。特に関連ページの数が多く表示されるからといって上位表示に有利になるわけではありません。

■質問
googleでrelated:www.○○○.comで検索したときに表示されるサイトの数は
SEOの観点から多いほうが良いのでしょうか?

(質問者:匿名)


■回答

FAQ『Google の『関連ページ』とは?』(2004/04/03)で取り上げた Google の関連ページの話題ですが、同 FAQ にて

関連ページの増減はこのようにページの専門性に依存しますから、特にこの数が SEO の何らかの要素に影響を与えると考えられるような相応な因果関係はないと思われます。

と回答した通り、SEO の観点からは関係ありません。

関連ページというのは、閲覧しているページと同様のコンテンツを扱う他のページを一覧表示します。ユーザーはこの機能を利用することで特定の類似したコンテンツをすばやく探せるというメリットを享受できます。

SEO の観点からいいますと、関連ページに表示される数が多いからといって特に上位表示に有利になることはありません。


なお、SEO-FAQ から質問を送る際には、同様の質問に対する答えがないかどうかを確認してから送信して下さい。


2004年04月08日 21:53 | [ グーグル ] | トラックバック


『SEO と related: で表示される数の関係』へのトラックバック:






コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?











MSNサーチ | PFI | SEM/SEO用語辞典 | SEO | SEOスペシャリスト | SEOツール | Yahoo!検索 | お知らせ | アクセス解析 | アドワーズ広告 | オーバーチュア | キーワード分析・調査 | グーグル | コンテンツ連動型広告 | サーチ全般 | ショッピング検索 | ディレクトリ型検索エンジン | デスクトップ検索 | リンク対策 | ローカル検索 | 検索エンジンマーケティング | 検索連動型広告 |

COPYRIGHT© 2003 - 2006 Takahiro Watanabe ALL RIGHTS RESERVED. SEO - FAQ RSS 2.0 フィード

ご意見・お問い合わせ | SEOの質問をする

関連サイト - SEM リサーチ | Yahoo! Weblog | MSNサーチblog | LPO ランディングページ最適化